おならの臭いの原因と対策

おならの臭いの原因

おならの正体は、消化分解された食べ物が腸内の微生物によってさらに分解が進んで出来たガスと、食べ物と一緒に飲みこんだ空気水蒸気の三つが混じりあったものです。

 

おなら,臭い,原因,対策

 

通常は、腸内ガスは腸で吸収され、一部は気付かないうちに体の外に放出されます。

 

しかし、胃腸の働きが低下したり、食べ過ぎると吸収と排出のバランスがおかしくなり、オナラが出るようになります。

 

オナラが出るのは生理現象ですが、ニオイがきつい場合は食生活に問題があることが多いです。

 

卵や肉を食べすぎるとオナラが臭い原因となるアンモニア、硫化水素、インドール、スカトール、揮発性アミンという有害物質が作られます。また、硫黄分を多く含んでいるたまねぎやニンニクも食べ過ぎないようにするべきです。

 

「芋を食べるとオナラが出る」とよく言いますが、これは本当です。ただ、芋好きな腸内細菌は善玉菌で、乳酸を出してくれて体によい細菌です。

 

オナラが出やすい習慣というのもあります。 それは、空気やツバを飲み込む習慣です。飲み込んだ空気が、食道から胃を通り、腸に達してオナラになるのです。早食いの人がオナラが多いのもこの原因です。

 

オナラで気をつけなければいけないのは、病気による臭いの場合です。大腸がん、大腸炎や慢性腸炎、肝臓の病気、尿路結石でも頻繁におならが出ます。

おならの臭いの対策

ストレスをためない
 ストレスが溜まると腸の動きが弱くなります。また、空気やツバを飲み込む癖のある方は、緊張状態にあることが多いです。ストレスの原因はさまざまですが自分がリラックスできる状態を保ちましょう。

 

食生活を改善する
 体のニオイは食生活が大きく関わっています。オナラの匂いも同様です。
 関連ページ 食生活と体臭と対策

 

消火器科を受診する
 おならがあまりにも頻発するようでしたら、消火器科の病院で受診しましょう。