体臭は遺伝するのか?

体臭は遺伝するのか?

体臭で悩んでいると、「自分の臭いは、親からの遺伝なのか?」「自分の臭いが子供に遺伝することはあるのか?」と気になりますよね。

 

体臭,遺伝,原因,ワキガ

 

体臭といっても頭のニオイから足のニオイまでさまざまですが、ワキガは遺伝すると言われています。ワキガは優勢遺伝するため、遺伝する確率は両親ともワキガの場合は80%、片方だけの場合50%と言われてます。

 

※優性遺伝とは=男性が「A」で女性が「a」の場合、子供の遺伝子は「AA」「Aa」「aa」の組み合わせになります。男性がワキガの場合、「AA」だとワキガの可能性は高くなります。「Aa」の場合、可能性は半分と思いがちですが、優勢遺伝が強くでる可能性が高くワキガが遺伝しやすいと言えます。

 

ワキガが遺伝しているかどうか見分ける方法としては、耳垢が湿っているか確かめるという手段があります。ワキガの原因はアクポリン腺というニオイ汗を分泌する部分が活発になることです。そのアクポリン腺は耳にも分布していることから、耳垢がねっちょりと湿っている場合は、ワキガが遺伝している可能性があります。

 

子供が体臭がきつくなりやすい体質かどうか、早めに見分けたいところですがアクポリン線が活発になりはじめるのは思春期からが多く、赤ちゃんや幼少期の段階で見極めるのは難しいようです。幼い頃は耳垢がパサパサだったが、思春期になり耳垢が湿ってきたという話もよく耳にします。

 

ワキガ以外の体臭は、生活環境や年齢など、遺伝以外の要素の方が大きいと考えられます。生活習慣、とくに食生活の影響が多いため、体臭が出やすい食事を避けて、規則正しい生活を送ることが大切です。

スポンサーリンク

体臭の遺伝の対策

残念ですが、いまのところ体臭の遺伝を防ぐ手段は無いようです。

 

体臭の遺伝を考えて子作りを躊躇する方もいるようですが、ワキガなどは手術で完璧に治すことができます。今は、子供のわきがも手術などで治療できるようです。子供が成長してから、対処しても遅くはありません。

スポンサーリンク