食生活と体臭と対策

食生活と体臭

食生活と体臭には親密な関係があります。それは、食べるものによって発汗や皮脂の分泌おなら、口臭まですべてに影響するからです。

 

食生活,体臭,原因,対策

 

体臭に影響しやすい食べ物として、肉類が挙げられます。肉類には、動物性脂肪、脂肪酸、中性脂肪などがたっぷり含まれています。脂肪成分を取ると、全身に分布している皮脂腺を刺激し、あぶらの分泌が多くなり体臭がきつくなります。

 

食生活,体臭,原因,対策

 

同様に皮脂腺を刺激するものに、チーズやバターなどの乳製品があります。体臭との関連があまりイメージしにくいですがこれらを使ったケーキも要注意です。

 

また、発汗を促す香辛料も体臭をきつくするの原因と言われています。汗はニオイの原因となるとともに、ニオイを広げる働きもします。

 

逆に、緑黄色野菜に含まれるビタミンAや、胚芽やゴマに含まれるビタミンEなどは皮膚の新陳代謝を促し、ワキガ臭のもとである過酸化資質の発生を抑えます。

 

ただし、食生活の改善にも限界があります。体臭の事だけを考えれば、野菜中心の生活が良いのですが肉類には人間の身体では作ることのできない「必須アミノ酸」などが含まれますし、香辛料には食欲を促す効果もあります。

 

また、肉や香辛料を避けようと意識するあまりストレスが溜まることも考えられます。体臭の原因となる食事を避けようとするあまり、体臭の原因であるストレスをためるという悪循環になりかねません。

 

食生活の改善は補助的な改善策として捉えておく方が良いでしょう。

スポンサーリンク