加齢臭の原因と治し方

加齢臭の原因

自分の臭いは気付きにくいものですが、30代になると枕が臭くなったり、自分の着ていたシャツが臭ったり、パートナーに臭いと言われたりと気付く機会が多くなります。

 

加齢臭,原因,対策,ペラルゴン酸

 

加齢臭を文字通り、年を重ねていくことに発する臭いと解釈するのであれば、30代の原因はペラルゴン酸、40代以降の原因はノネナールです。

 

ペラルゴン酸は皮脂が酸化して 「使い古した食用油に似た不快なにおい」を持つのが特徴です。30代は皮脂の分泌が一番多いため酸化が顕著で臭いが目立つようになります。

 

40代の加齢臭の主な原因である「ノネナール」は、酸化に対する抑制力が低下して脂肪酸と過酸化資質が反応してできます。一般的に「古本のような臭い」「チーズのような臭い」「ろうそくのような臭い」と表現されます。

 

ノネナールは男性特有ではなく、女性も該当します。しかし、女性は男性に比べて、男性ホルモンが少なく皮脂腺の働きが活発ではないため臭いが発生しにくいのです。

スポンサーリンク